top of page
  • 執筆者の写真Natsuki Hara

サイトの優先PoP設定とグローバルIPアドレス固定ルールの最適化

先に結論を申しますとサイトの優先PoP設定とグローバルIPアドレス固定ルールは同じPoPを指定した方が効率が良いという話になります。

以下に詳しく説明します。



サイトの優先PoP設定

Site Configurationではオプション設定として優先PoPを設定することができます。

以下のサンプル構成ではプライマリをTokyo、セカンダリをOsakaに設定しています。


グローバルIPアドレス固定ルール

次にグローバルIPアドレス固定のネットワークルールについてです。

以下のサンプルルールではOffice365を宛先としてTokyo_DC2またはOsaka_DC2のPoP IPアドレスを使用してアクセスするように定義しています。



通信の流れ

この場合は以下のようにサイトが接続しているTokyo PoPを通ってからIPアドレス固定のためにTokyo_DC2 PoPを経由してOffice365にアクセスします。

2つのPoPを経由する分、トラフィックに不要なホップが発生します。



PoP設定を一致させる

優先PoPをTokyo_DC2に変更して、IPアドレス固定ルールのPoPと一致させます。


こうすることで以下のように不要なホップが削減され、効率の良い通信が行えるようになります。



まとめ

今回は地理的に近いTokyo PoP, Tokyo_DC2 PoPを例に上げました。

日本国内では東京3PoPと大阪2PoPがそれぞれ設置されているため、意識せずに異なるPoPを設定していることがあります。そういったお客様には今回の設定変更は有効と思われます。


宛先が地理的に離れている場合にはCatoバックボーンを通してアクセスを行うという考え方もあります。IPアドレス固定ルールでは出口PoPが固定されるため、ご利用の際にはサイトの接続PoP、トラフィックの出口PoPや宛先の地域を考慮することで効率の良いルールを構成することができます。



閲覧数:41回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page