top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年4月8日

新機能と機能強化

  • accountMetricsの単一クエリで複数サイトのソケットとインターフェイスのメトリクスを取得: accountMetrics APIクエリを複数サイトで使用できるようになりました:

    • groupInterfaces'フィールドを'false'(デフォルト値)に設定し、siteIDs[]リストに複数のサイトを指定します。

      • これまで、この設定はsiteIDs[]リストで指定された単一のサイトに対してクエリを実行する場合にのみサポートされていました。

    • siteIDs[]リストを空のままにして(デフォルト値)、アカウント内のすべてのサイトにクエリを実行することもできます。

    • 特定のサイトをクエリすることで、より効率的なメトリクスの収集が可能になり、accountMetrics APIのレート制限にヒットするリスクが軽減されます。


  • ケイトー管理アプリケーションの強化:

    • 新しいソケットサイトはLANファイアウォールポリシーを使用します: 新しいソケットサイトはLANファイアウォールポリシーを使用してローカルトラフィックを管理します。

      • 以前はローカル ルーティング ページがあり、LAN ファイアウォール ポリシーにアップグレードできました。

      • 既存のサイトへの影響や変更はありません。


  • ロードマップの更新:ナレッジベースのCato製品ロードマップで、今後の機能や拡張の状況をご確認ください。


注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page