top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年4月15日

新機能と機能強化

  • 変異APIがソケット・サイトの最適化されたPoP選択をサポート: Catoの自動PoP選択メカニズムの精度を向上させるオプションのCityフィールドを含むように、addSocketSite変異APIを更新しました。

    • siteLocation引数で、ソケットサイトのCityを定義します。

    • entityLookupクエリーを使用して、都市のリストを検索します。

    • Cityフィールドは、Cato管理アプリケーションですでに利用可能です。


  • Azure ADハイブリッドジョインでSCIMプロビジョニングされたユーザーを識別するユーザー認識:CatoIdentity Agentは、Microsoft Azure ADハイブリッドジョインを使用するときに、サイトの背後にあるSCIMプロビジョニングされたユーザーを識別できるようになりました。Identity AgentにSDPライセンスは必要ありません。

    • 以前は、Azure ADハイブリッドジョインを使用するSCIMプロビジョニングユーザーには、SDPライセンスと1回限りの認証が必要でした。

    • Identity Agentでユーザーを識別するためのアクションは必要ありません。

    • Windows Client v5.9サポートされます。



Cato SDPクライアントリリース

  • macOSクライアントv5.6: 2024年4月14日より、macOSクライアントバージョン5.6の配布を開始します。このバージョンには以下が含まれます:

    • ディスク暗号化のデバイス姿勢チェックデバイス姿勢プロファイルにディスク暗号化のチェックを含めることができるようになりました。デバイス姿勢プロファイルは、クライアント接続およびセキュリティポリシーに含めることができます。

    • クライアントのトレイアイコンの更新: クライアントのトレイアイコンが接続または切断のステータスを示す方法を改善しました。

    • システム通知ステータスの新しい表示: 設定ページに、システム通知のステータスを追加し、その重要性を強調するメッセージングを改善しました。

    • バグ修正と安定性の向上


注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page