top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年4月22日

新機能と機能強化

  • Meta Workplace用の新しいSaaSセキュリティAPIコネクタ: Workplaceテナント内のユーザー投稿、コメント、チャット内の機密データを監視できるMetaからのWorkplace用コネクタを数週間かけて追加します。例えば、ユーザーがクレジットカードの詳細やAPIトークンを含むメッセージを投稿した場合に検出します。

    • スキャンには添付ファイルを含めることができます。

    • 関連するメッセージへのリンクを提供するイベント


  • SaaS セキュリティ API コネクタの問題のサポート性が向上しました:SaaSベンダーによって報告されたエラーに基づいて、[統合]ページにSaaSセキュリティAPIコネクタの接続ステータスの詳細情報が表示されるようになりました。

    • 新しい情報は、以下のコネクタで利用できます:Box、Sharepoint、OneDrive、Exchange


  • クライアント接続性ポリシーは、デバイスの姿勢要件を管理する中心的な場所です:デバイス認証ページで設定を構成しなかったお客様のために、このページはCato管理アプリケーションで利用できなくなりました。クライアント接続ポリシーを使用して、すべての姿勢要件を管理できます。

    • デバイス証明書は、[アクセス]>[クライアントアクセス]ページで管理できます。詳細については、以下を参照してください。 認証済み企業デバイスの管理

    • 影響を受けるお客様には、クライアント接続ポリシーへの移行方法について、専用のカスタマーコミュニケーションをお送りします。


  • AWS vSocket IMDSv2 サポート:AWSのベストプラクティスに合わせるために、セッション指向の認証メカニズムを採用するAWS vSocketサイトのIMDSv2セキュリティオプションのサポートを導入しています。

    • Socket v20.0.18221 以降でサポートされます。

    • EC2インスタンスでIMDSv2サポートを有効にしても、サイトの機能には影響しません。




PoPのお知らせ

  • 東京PoPロケーションIPレンジの最適化:東京PoPロケーションに属するIPレンジ123.253.152.0/24のPoPインフラを改善しています。



  • サンティアゴPoPを経由してパラグアイで利用可能な新しいジオローカライズされたIPレンジ:150.195.192.0/28.



注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page