top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年7月1日

新機能と機能強化

  • リモートユーザーのオンボーディングプロセスが簡素化されます:ユーザー名とパスワードまたはMFAで認証するように設定されたユーザーは、Catoクライアントでサインインプロセス中にパスワード(およびMFA)を設定できるようになります。

    • 管理者は、必要に応じて、ウェルカムメールを有効にすることができます。

    • SSOで認証しているユーザーや、ユーザー名とパスワード、またはMFAで認証している既存ユーザーへの影響はありません。

    • 2024年7月14日より順次導入



ナレッジベースのCato Product Roadmapで、今後の機能や拡張の状況をご確認ください。


PoPのお知らせ

  • コロンビアのローカライズされたIPレンジの削除 :コロンビアのローカライズされたIPレンジ(マイアミのPoPロケーションを通じて提供)216.194.96.16/28を削除します。

    • お客様は専用のボゴタPoPロケーション216.194.111.0/24をご利用いただけます。



注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page