top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年6月17日

新機能と機能強化

  • インターネットファイアウォールにエンタープライズグレードの管理機能を導入:今後数週間にわたり、インターネットファイアウォールの新しいポリシーを順次導入していきます:

    • 複数の管理者によるインターネットファイアウォールポリシーの並行修正機能

    • 多数のルールに対するより高速で応答性の高いページ

    • インターネットファイアウォールポリシーを管理するためのAPIサポート


  • 新しいTLS検査レポート: TLS検査ポリシーを評価し、重要なトラフィックパターンと潜在的なセキュリティリスクを特定するのに役立つ新しいTLS検査レポートタイプを追加しました。このレポートでは、オペレーティング・システムごとの検査およびバイパスされたトラフィック・フローの総数、検査およびバイパスされた上位のドメインおよびアプリなどのデータを提供します。

    • レポート・データは、生成されたイベントに基づいています。


  • セキュリティおよびネットワーク ルールのヒット数レポート: ポリシーの可視性と管理を向上させるために、レポート期間中のルールのヒット数を表示する新しいレポート タイプが追加されました。


  • ヒット数レポートは、以下のポリシーで利用できます:インターネットファイアウォール、WAN ファイアウォール、ネットワークルール

    • ヒット カウントは、生成されたイベントに基づいています。


  • エクスペリエンスモニタリングの強化 今後数週間にわたり、[モニタリング] > [エクスペリエンス・モニタリング]ページに新しいデータを徐々に追加し、ユーザーのアプリケーション・エクスペリエンスの可視性を高めます。

    • ユーザーのロケーションに関係なく、ユーザーの複数のインスタンスを1つの行に集約します(デバイス名対ユーザー名など)。


ナレッジベースのCato Product Roadmapで、今後の機能や拡張の状況をご確認ください。



注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page