top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年6月3日

新機能と機能強化


  • ライセンス取得済みサービスのプレビューページライセンスがなくても、ライセンス取得済み機能を検索・設定できる新しい「プレビューモード」を導入しました。これにより、フルライセンスを必要とせずに、設定を試し、機能の機能を理解することができます。

    • サービスを有効にするには、アクティブなライセンスが必要です。


  • ソケット・サイトの接続 SLA メカニズムの強化: リンクが許容できない SLA を経験した場合に判定する接続 SLAメカニズムの粒度を改善しました。リンクが許容可能な SLA かどうかを判断するために使用される時間ウィンドウの特定の割合(N%)を定義できます。たとえば、パケット損失が120秒の時間ウィンドウの50%に設定されている場合、そのウィンドウ内で60秒間パケット損失があると、サイトはSLAを受け入れられず、適切な措置を取ります。

    • 以前は、SLAは時間ウィンドウの100%に従って計算されていましたが、新しいデフォルト値は50%です。

    • Socket v20.0以降でサポートされています。




  • クライアント接続ポリシーへの移行のための更新: まだクライアント接続ポリシーに手動で移行していないお客様については、2024年6月1日 以降 、クライアント接続ポリシーへの移行が完了するまで、デバイス認証ページは利用可能なままとなります。ユーザーの動作に変更はありません。

    • クライアント接続ポリシーに自動的に移行されたお客様については、今後数週間以内にデバイス認証ページが削除されます。

    • デバイス認証ページで設定を行わなかったお客様は、デバイス認証ページを利用できなくなります。



ナレッジベースのCato Product Roadmapで、今後の機能や拡張の状況をご確認ください。

注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page