top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年5月6日

新機能と機能強化


  • 新しいEPPエージェントv1.1:2024年5月5日より、エンドポイントプロテクション(EPP)エージェントバージョン1.1の提供を開始します。このバージョンには以下が含まれます:

    • 新しい 保護エンジン:新しいエクスプロイト対策エンジンは、機械学習を使用してソフトウェアの脆弱性を攻撃する脅威から保護します。

    • この新しいエンジンは、既存の2つの保護エンジンに追加されます。

    • 保護される攻撃手法の例には以下が含まれます:

      • 特権の昇格

      • プロセス・イントロスペクション

      • LSASS クレデンシャル・ダンピング


  • 他のEPP製品の自動チェック:CatoのEPPエージェントは、他のEPPソリューションが実行されている場合、エンドポイントを効果的に保護することができません。エンドポイントを確実に保護するために、エージェントは他のEPPソリューションがインストールされているかどうかを自動的にチェックするようになりました。


  • エージェントのアンインストールと削除をワンアクションで: エンドポイントからのエージェントのアンインストールとアカウントからの削除をワンアクションで行えるようになりました。

    • これまでは、AgentのアンインストールとAgentの削除を別々に行う必要がありました。

    • 必要に応じて、アカウントからエージェントを削除せずに、エンドポイントからエージェントをアンインストールすることができます。


  • GitHub用の新しいSaaSセキュリティAPIコネクタ:ユーザーが GitHub リポジトリにプッシュしたコミットをスキャンして機密データを特定できるGitHub 用コネクタを追加しました。

    • すべてのリポジトリのコミットをスキャンするか、特定のリポジトリを選択します。

    • イベントには、コミットの差分比較へのリンクが含まれます。


  • アプリケーション制御ポリシーのクライアント通知: ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、Cato管理アプリケーションのCASBまたはDLPルールによってブロックされたときにユーザーに通知するクライアント通知を有効にできます。

    • Windows Client v5.10以降でサポートされています。


  • ビデオアップデートはCato Academyに移行します:2024年6月1日より、機能アップデートのビデオはすべて、Cato AcademyのProduct Updatesセクションでのみご覧いただけます。ナレッジベースのビデオは、6月1日以降、アーカイブされ、利用できなくなります。

    • Cato AcademyのProduct Updatesセクションをブックマークしておくと、新機能の最新ビデオを簡単に見ることができます。


ナレッジベースのCato Product Roadmapで、今後の機能や拡張の状況をご確認ください。

 

PoPのお知らせ

  • 大阪:大阪PoPに新しいIPレンジ202.75.243.0/24が追加されました。


注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page