top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年3月25日

新機能と機能強化コピーする

  • ソケット・インベントリ・ページを使用してソケットを割り当てる:ソケット・インベントリ・ページのサイトに割り当てるアクションを使用して、適切なサイトにソケットを割り当てます。これにより、複数のソケットを異なるサイトに割り当てるプロセスが簡素化されます。

    • ソケットは、ステータスが「インストール済み」でインターネットに接続されている必要があります。


  • EPPビヘイビアエンジンの新しいデフォルト設定:悪意のあるプロセスがデフォルトで強制終了されるように、エンドポイントプロテクション(EPP)を強化しました。デフォルトのEPPプロファイルで、ビヘイビアエンジンの設定を「監視」から「強制終了」に変更しました。

    • この変更は新規EPPユーザーのみを対象としており、既存のEPPユーザーには影響はありません。

    • ビヘイビアエンジンの既存の設定をKillに更新することをお勧めします。


  • アカウントへのアクセスの可視性とコントロールが向上: 新しい管理 > アカウントアクセスページでは、Catoの管理者によるアカウントへのアクセスの可視性とコントロールが向上しました。

    • 例えば、サポートチケットのライフサイクルを確認するために、あなたのアカウントへのアクティブおよび最近の管理者アクセスを表示します。

    • 例えば、Catoプロフェッショナルサービスのエンジニアのために、特定の権限と終了日を持つCatoアカウントへの一時的なアクセスを提供します。


  • Cato 管理アプリケーションの機能強化:モニタリング > ネットワークダッシュボード]ページで、[グループ別]オプション([リンク]セクションに表示)を使用して、サービスプロバイダーごとにリンクをグループ化できるようになりました。これにより、各プロバイダーのすべてのリンクの接続性に関する情報が得られます。


  • Cato製品ロードマップに関する新しいナレッジベースページ: Cato製品ロードマップページでは、現在開発中およびロールアウト中の機能および拡張のステータスを確認できます。

    • ロードマップは毎週更新されます。

    • フォロー] をクリックすると、このページの更新通知を自動的にメールで受け取ることができます。

    • ロードマップにアクセスするには、ナレッジベースにログインする必要があります。


注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page