top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年3月11日

新機能と機能強化

  • Catoクライアントのスプリット・トンネル・ポリシー: スプリット・トンネル・ポリシーは、リモート・ユーザーのトラフィック・ルーティングを簡単に設定し、どのトラフィックをCatoクラウドに向けてトンネリングするかを制御するきめ細かな方法を提供します。

    • 設定は、順序付けられたルールベースを持つポリシーから管理できます。

    • スプリットトンネルポリシーのグローバルIPレンジグローバルオブジェクトを使用して、ユーザまたはユーザグループごとにルールを調整できます。

    • 現在のスプリットトンネルの動作に影響はありません。ポリシー内のIPレンジはグローバルIPレンジとして追加されます(機能が無効の場合でも)。


  • ソケットサイトのPoP選択を最適化:ソケット・サイトの一般設定に都市フィールドを追加することで、自動PoP選択メカニズムの精度を向上させた。サイトのCityは、理想的なPoP選択のためにサイトが位置する地理的座標を使用することができます。

    • Cityフィールドは新規サイト作成時の必須フィールドで、既存サイトのGeneral設定でも利用可能です。

      • Cityフィールドを編集しても、PoPへの現在の接続には影響しません。


  • ソケットサイト用NATポリシー:DNATおよびSNATを含む、きめ細かなマッチング条件とアクションを備えた新しいサイトレベルNATポリシー。このポリシーにより、ソケット経由で接続され、IPの競合を避けるためにNATを必要とするサードパーティのネットワーク(請負業者など)と統合できるようになりました。

    • このポリシーは、IPsecとクロスコネクトのサイトですでに利用可能です。


  • ケイトー管理アプリケーションの強化:

    • 最近の問題に対する劣化ステータスの表示: 過去 30 日以内に発生した問題を持つサイトに対してのみ、劣化ステータスを表示するオプションが追加されました。30日以上接続に問題があるサイトは、[Connected] と表示されます。

      • 以前は、[劣化] ステータスは常に表示されていました。


  • Azure vSocketサイトのための重要なアップデート:Catoは、Standard_D2s_v4 VMサイズのAzure vSocketに影響を与える新しいMicrosoft検証を確認しました。

    • 影響を受けるすべてのお客様に専用の電子メールを送信しました。

    • VMサイズがStandard_D2s_v4のAzure vSocketサイトでは、vSocket VMをStandard_D2s_v4から Standard_D8ls_v5にリサイズする必要があります。詳細については、「Azure vSocketsのVMサイズの変更」を参照してください。

    • VMインスタンスがパワーオフしない限り、vSocketは正常に機能し続けるので、将来の問題を防ぐために、それに応じてAzureのサイズ変更を計画してください。


  • ログエクスポーターのEoLについて:ログエクスポーター機能をご利用のお客様へ、より良いカバレッジ、一貫性、パフォーマンス、使いやすさを提供する代替ソリューションのために、この機能が終了することをお知らせいたします。

    • 現在ログエクスポーターを使用しているアカウントについては、2024年4月末までこの機能を使用し続けることができます(当初の2024年3月のEoL日付からの延長)。この期間を過ぎると、この機能を使用してCato AWS S3バケットからログファイルをダウンロードすることはできなくなります。

    • アカウントのイベントをエクスポートするには、以下のソリューションのいずれかを使用できます:


 

PoPのお知らせ

  • 以下のPoPロケーションで、新しいIPレンジが利用可能になりました:

    • 米国アトランタ:216.205.113.0/24

    • マサチューセッツ州カサブランカ:150.195.215.0/24

    • 英国ロンドン:85.255.27.0/24

    • インディアナ州ムンバイ:123.253.153.0/24

    • 中国、上海:114.94.55.192/26および140.207.250.192/26


  • バルバドス向けに新しいジオローカライズされたIPレンジが利用可能です:45.62.191.112/28


  • 米国ハワイ州:新しいPoPロケーションがまもなくハワイで利用可能になります。IPレンジは216.205.120.0/24です。


  • 以下のPoPロケーションでは、新しいIPレンジがまもなく利用可能になります:

    • ミュンヘン(DE):85.255.18.0/24

    • カリフォルニア州バンクーバー:150.195.195.0/24

 


ビデオ機能概要



注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page