top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年5月13日

新機能と機能強化


  • ソケットLANポートの状態をNetwork XDRで表示:ソケットLANポートの状態変化をNetwork XDRで監視できるようになりました。


  • X1700 WAN インターフェイスの追加: Socket v20 以降、X1700 と X1700B Socket は 4 つの WAN インターフェイスをサポートします。

    • 以前は、最大 3 つの WAN インターフェイスがサポートされていました。


  • XDR ストーリーへのコメント:XDR ストーリーにコメントを追加して、調査プロセスを文書化し、チームメンバー間のコラボレーションを強化できるようになりました。

    • セキュリティとネットワークの両方のストーリーにコメントを追加できます。

    • XDR Core、XDR Pro、およびマネージド XDR をご利用のお客様にご利用いただけます。


  • Linuxクライアントでサポートされる新しいデバイスポスチャチェックデバイスポスチャープロファイル内に、Linuxデバイスのパッチ管理とDLPのチェックを含めることができるようになりました。デバイスポスチャープロファイルは、クライアント接続およびセキュリティポリシーに含めることができます。

    • Linux Client v5.2以降でサポートされます。


  • ESXi vSocket のデプロイが強化されました: ESXivSocketOVF テンプレートでは、デプロイ プロセス中に静的ネットワーク設定を構成できるようになりました。この更新により、デプロイ後に Socket Web UI を使用して静的 IP 設定を構成する必要がなくなり、セットアップが合理化されます。

    • 以前は、デプロイ時にDHCPのみがサポートされていました。

    • この機能を使用するには、Socket バージョン 19.0 以降が必要です。


  • IPSec IKEv2サイトの追加Diffie-HellmanグループのサポートIPsec IKEv2サイトのDiffie-Hellmanグループを構成する際に選択できる2つの新しいキー長グループ(19および20)をサポートするようになりました。


  • Cato Cross ConnectはCloud Interconnectへ:Cross Connectの名称をCloud Interconnectに変更します。

    • 既存のデプロイメントに影響はありませんが、Cato管理アプリケーションの名称を変更します。


  • 保護されたエンドポイントの可視性を強化しました:Cato's Endpoint Protection によって保護されているエンドポイントの可視性を高めるため、保護されているエンドポイントのページを更新しました:

    • 保護されているエンドポイントとそのステータスのハイレベル・サマリー

    • 新しいフィルター

    • 改良された検索

    • 更新ボタン

 

注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page