top of page
  • 執筆者の写真フーバーブレイン Cato Cloud チーム

Product Update 2024年1月15日

新機能と機能強化

  • デバイス・インベントリでネットワーク上のデバイスを可視化新しいDevice Inventoryページでは、IT、IoT、OTデバイスに関する豊富なデータが表示され、動的なウィジェットと高度なフィルタリングオプションによって強化されています。高度な機械学習モデルを使用することで、このプラットフォームの拡張機能は、非常に高い精度でデバイスを検出し、細かいカテゴリに分類します。これにより、ネットワーク上のデバイスを明確かつ効果的に監視・管理し、潜在的なセキュリティの脆弱性を特定することができます。例えば、ネットワーク上のすべてのIPカメラを確認し、ファームウェアが最新であることをチェックできます。

    • 各デバイスについて報告される情報には、デバイス・タイプ、モデル、バージョン、オペレーティング・システム、デバイス・ユーザー、ネットワーク接続データなどが含まれます。


  • Entra ID(Azure AD)のサインイン・アクティビティを統合: 認可されたアプリのエコシステムにおける使用状況を包括的に表示し、サインインに関連する潜在的なセキュリティ上の懸念や傾向を特定することができます。Entra ID APIへのコネクタを追加し、企業のEntra IDPテナント上のすべてのユーザーのサインインとサインイン異常イベントの可視性を拡張しました。サインインデータは、新しいクラウドアクティビティダッシュボードと、サインインおよびID関連の異常に対する新しいセキュリティイベントサブタイプに表示されます。

    • クラウド・アクティビティ・ダッシュボードからの洞察の例:

      • サインインに失敗した回数が不審に多いユーザー

      • 国ごとのサインイン失敗数の内訳

    • 新しいイベント・サブタイプ:イベントeventsFeed API、およびイベント統合フィードに追加されたアプリケーション・サインインと アイデンティティ・アラート


  • DLPコンテンツ検査用OCRスキャン:CatoのDLPエンジンは、画像ファイル内のテキストをスキャンして分析できるようになり、機密データの保護レイヤーが追加されました。例えば、スキャンした文書内の機密情報を簡単に検出し、画像ファイル内のテキストコンテンツを特定することでコンプライアンスを確保します。

 


PoPのお知らせ

  • 中国、上海 140.207.250.192/26の新しいIPレンジが上海のPoPロケーションでまもなく利用可能になります。

  • 中国PoPデータセンターにおけるIPレンジの廃止について: 北京、上海、深圳のPoP拠点における指定IPレンジの変更についてお知らせいたします。

    • 北京(Beijing_DC3)123.59.229.192/26は2024年1月14日に廃止されます。

    • 深セン(Shenzhen_DC1)58.254.183.224/27、59.36.210.32/27は2024年1月21日に廃止されます。

    • 2024年1月21日に以下のレンジを追加:119.147.8.0/26、211.95.135.128/26

    • 上海(Shanghai_DC3)221.228.77.128/27は2024年1月31日に廃止されます。

 


ナレッジベースの更新



ビデオ機能の概要



注:本アップデートに記載されている内容は、2週間かけてCato PoPに順次展開されます。また、新機能は、PoPと同じ2週間のロールアウト期間をかけて、Cato管理アプリケーションで徐々にアクティブ化されます。詳細については、こちらの記事をご覧ください。予定されているメンテナンス・スケジュールの詳細については、Catoステータスページをご覧ください。

本記事はCato Cloud の Product Update を機械翻訳を用いて日本語化したものです。


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

Bình luận


bottom of page